仮想通貨初心者のための基本情報、売買の始め方、投資体験談ブログ。

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨の税金対策※仮想通貨との賢い付き合い方

投稿日:

仮想通貨,税金

仮想通貨との賢い付き合い方

ビットコインに代表される仮想通貨。

仮想通貨と聞くだけで、ネット上で使う実体のない貨幣であり、その価値が暴落して大損したというニュースが一時、世界を騒がせていました。

仮想通貨は恐いというイメージを持っている方も多いと思います。

また仮想通貨と言われるだけあって、「仮想通貨だから税金なんてかからないんじゃない?」と思われる方もいるでしょう。

しかし、お金であることには変わりありません。

お金である以上、仮想通貨の貯蓄額が増えれば、通常の貨幣の貯蓄と同じように、その利益に応じて税金を払うことになります。

もちろん、仮想通貨で何らかの商品を購入した場合も同様に税金を支払います。

そこで仮想通貨の税金について、項目別に解説します。

仮想通貨の売買で得た利益にも税金がかかります

 

仮想通貨にかかる税金

仮想通貨,税金

仮想通貨で1年間に20万以上の利益があった場合から税金がかかると国税局が明らかにしています。

この20万円という金額は、仮想通貨にかかる税金の最低金額なので年間に50万円、100万円と仮想通貨の収入額が増えれば、その金額に応じて、当然支払うべき税金の金額は、5%からスタートして段階的に増えていきます。

個人事業主や法人など、それなりの規模で仮想通貨を増やしている方は納税額も大きくなりますが、専業主婦や学生は扶養の関係上、税金がかからないケースもあります。

自分の立場や総収入などをよく調べることが重要です。

 

仮想通貨の税金の確定申告方法

仮想通貨,税金

パソコンで自ら確定申告を毎年行う人も今は普通にいます。

しかし、仮想通貨の確定申告に至っては、国の法制度が全くと言っていいほど追いついていない現状にあります。

その上、仮想通貨の確定申告はとても複雑で、素人がパソコンで行える作業ではありません。個人の不確かな知識のみで確定申告を行うのは非常に危険です。

間違いなく確定申告を行うためには、数万円の費用は必要になりますが、信用できる税理士さんに依頼することをお勧めします。

必要書類を全て持参し、税理士さんと話し合いながら確定申告をするのが最も安全な方法です。

 

仮想通貨の税金 節税方法

基本的に、仮想通貨の確実な節税方法に明確な方法はありません。

その時々の時価相場の変動により、仮想通貨の価値も大幅に上下し、常に動いているからです。

私が考える仮想通貨の節税方法は一気に現金にしないことです。つまり、換金せずに折を見て、自分の持っている仮想通貨の時価や世界情勢の背景を見つつ、これも税理士さんなどに「節税の方法を知りたい」と問い合わせることも1つの手段だと思います。

 

まとめ

仮想通貨は、国が発行するお金ではありません。

世界中、何処でも使えるお金です。

銀行の倒産などで預金が引き出せないというような万が一の事態でも預金が戻らなかった、戻ってきても10分の1になってしまったという悲劇的な状況は回避できます。

このように、税金対策を含めた仮想通貨との賢い付き合い方を身につければ、安全に仮想通貨を活用していくことができるのです。

仮想通貨,取引所,おすすめ
仮想通貨取引所※2018年おすすめランキング5

仮想通貨の取引で儲けたい!でもどこの取引所がいいか、たくさんあって迷ってしまいますよね。 2018年、仮想通貨の取引をはじめるならどこがおすすめなのか? ズバリ!おすすめできる取引所を紹介します! 目 ...

続きを見る

ビットコイン

»コインエクスチェンジ無料登録はこちら

-仮想通貨の基礎知識
-, , ,

Copyright© 仮想通貨・ビットコインで稼ぐ【初心者ガイド】体験談ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.